2021.02.05

台湾の住居のタイプ

FacebookTwitterLine

これまでに台湾の建築に関していくつかお伝えしてきましたが、今回は家(住居)のお話です。台湾でも日本と同じように台北市などの大都市に多くの人々が住んでおり、田舎の人口密度はそれほど高くありません。今回は台湾の住居のタイプについてお話しましょう。

最初に、台湾の住宅の特徴をいくつか紹介します。

  1. 台湾の気候と文化・習慣のため、台湾のほとんどすべての家はコンクリートの建物であり、木造家屋は非常にまれです。
  2. 住宅地に関する厳密な基準がないため、同じ建物内に住宅、会社、店舗があるのが一般的です。
  3. 台湾の家の玄関の多くには、日本のような「土間」「たたき」と呼ばれるスペースがありません。しかし日本のように室内で靴を脱ぎます。
  4. 家に入るときの最初に見られるのはリビングルームです。そして、ほとんどの人は直接キッチンを見ることを好まないので、台所は家の奥または角にあることが多いです。
  5. Photo credit: CHEN!! on Visualhunt.com / CC BY-SA

  6. お風呂とトイレ。日本では一般的に分離していますが、台湾では通常バスルームとトイレは同じスペースに設置され、専用の脱衣室もありません。また、台湾人はシャワーを浴びるだけなので、浴槽がない家も少なくありません。
  7. Photo credit: CHEN!! on Visualhunt / CC BY-SA

  8. 100平方メートルを超える場合は、通常2つのバスルームがあり、1つは共有され、もう1つはマスターベッドルームにあります。
  9. 洗濯機は通常、バルコニーなどの屋外スペースに配置されます。

さまざまな住居を紹介します。

別墅:
日本の屋敷タイプの建物と同じように中庭とフェンスのある一軒家です。2階~3階建てが多く、1階には通常リビング、ダイニング、台所とバスルームがあります。豪華なものにはエレベーター、各部屋にバスルームがあります。この種類の建物は通常郊外にあり、台北市などの都市では珍しい。

透天厝:
日本の一軒家と同じよう。それぞれの建物がつながっていることが特徴です。庭を持っていることはまれですが、アーケードを持つものもあります。台湾中部と南部では非常に一般的なタイプの住居です。一部はビジネスを行うために1階に店を開くこともあります。

電梯大樓:
エレベーター付きの建物です。通常都市にあり、公共施設の維持管理や清掃の費用として管理費を支払う必要があります。次のタイプに分けられます。

  1. 高級住宅:マンションと同様に、一つの階の世帯数が少ないほど価格が高くなり、サイズは200〜数百平方メートル以上。最も代表的なのが台北101近くの高級住宅地です。
  2. エレベータービル:世帯数が多く、エレベーターがある。 規模にもよりますが、各階は通常2〜8世帯です。通常の住宅と小さなスイートを組み合わせることも一般的です。たとえば、同じフロアに4つの住宅と2つのスイートがあるようなものです。1階は通常、店舗または会社として使用されます。
  3. スイートビル:すべてはスイート、各階に多くの世帯があり。1階は通常、店または会社として使用されます。

公寓:
都市内で最大の住宅タイプ。法律で規定されているからです。 5階を超える場合は、エレベーターを設置する必要があります。そして、建築業者は通常、規制を回避するために4階または5階の建物のみを建てています。したがって、建設年齢のほとんどは40年以上です。

套房:
バスルームを含む1Rの形式を指します。しかし、日本とは異なり、ほとんどはキッチンを持っていないので、自宅で食事を作ることができません。

雅房:
部屋が一つのみ。バスルームとトイレは他の住人やテナントと共有しています。 一部の部屋には窓がありません。生活の質の悪さも家賃の安さを反映しています。

台湾の特別な住居文化について話しましょう。台湾では以前から友人やクラスメートがアパートやマンションを共有するのをよく見ます。ニーズに応じて部屋を割り当てます。バスルーム付きの部屋を選択する方はもっと家賃が高くなります。さらに、一部の家主は家がスイートまたは部屋の賃貸用に改造しています。部屋賃貸の需要が高い学校近くでよく見られます。

将来的には、台湾の住宅価格、高級住宅、賃貸市場、住宅の外観などの話題についての他の記事をお届けする予定です。お楽しみに。

Cover Photo Credit: ChEnBiGa on VisualHunt / CC BY-NC-SA

SNS Share

FacebookTwitterLine

Recomended Contents