2020.08.17

台湾の古い日本の建物(一) − 台北 二條通 綠島小夜曲

FacebookTwitterLine

台北市内の林森エリア、南京東路、中山北路、長安東路と新生北路に囲まれた台湾で最も有名な日本的な雰囲気の場所。台北に駐在している日本人の方と観光客向けの街で、多くの人が馴染みやすく人気の場所です。たくさんの日式店や和食レストラン、多くの店は日本語で会話することもできます。

日本時代、この地域は「大正町」と呼ばれていました。都市計画のある最初の地域は、京都の「方格設計」に似ており当時の高級住宅街です。かつては美しい日本式の建築がたくさんありました。将来「大正町」についてさらに詳しく説明する別の記事を用意しますね。今日は日本式の建築一つを紹介したいと思います。「大正町」エリアの少し南。また、主要な4つの道路の1つ「中山北路」に隣接しています。台北駅の東門から徒歩7分。

本道から数メートルのこの小さな路地を歩きます。まず、庭が見えます。樹で半分隠された、木でできた2階建ての一軒宅。建物の所有者のおかげで、時代の感覚に満ちた外観を保ちます。このエリアの他の住宅がコンクリートのアパートに再建されたのとは異なります。現在、この建物は住宅ではありません。 1階は喫茶店「二條通.綠島小夜曲」、 2階は建築事務所です。誰でも中に入って美しい建物を楽しみ、美味しいコーヒーを飲むことができます。

外観と庭

喫茶店の看板

内部

スタッフは写真を撮っているようです

時代を感じるドアや窓

内側からの眺望

2階へのはしご、パーソナルエリア、ここにとどまりましょう。

梁と天井、オリジナルであるか再構築されているかはわかりません。

京都の「町家」のように、建物の中に中庭があります。しかし、ガラス屋根で覆うのが少し残念です。

コーヒーの味も良い。楽しかった。

二條通 綠島小夜曲

台北市中山区中山北路一段33巷1号

SNS Share

FacebookTwitterLine

Recomended Contents