2020.09.10

台湾の古い日本の建物(二) − 台北「紀州庵」

FacebookTwitterLine

台湾の地下鉄MRTの古亭駅2番出口から「同安街」を南に向かって近くを歩くと、優雅な和風の木造建築と、打ちっぱなしのコンクリートを混ぜ合わせたモダンな木造建築があります。今日の主人公「紀州庵」。

大正6年 (1917年) に建てられた紀州庵は、もともとは紀州平松家に属し、料亭として利用されていました。昭和2年頃 (1927年)、3階建ての本館、長型離屋の宴会場、ゲストをもてなすための別館を含むように拡張されました。昭和9年 (1934年) 、日本の詩人北原白秋がここに住んでいたことも価値のひとつと言えるでしょう。

太平洋戦争中に紀州庵は怪我人用のシェルター施設に改造されました。終戦とともに平松家が日本へ戻った後は、建物は台湾省に引き継がれ、当初の配置と必要性に応じて公務員や教職員の宿舎となりました。残念なことに、1996年には、三階建ての本館は全焼してしまい、居住者は離屋に引っ越し、そこに住み続けました。残りの別館も1998年に焼失し、現在見ることができる長型離屋だけが残った。

2004年、台湾大学の学生によってこの土地が調査され、台北市政府は「紀州庵」が指定古蹟に指定されたことを発表しました。 2011年には、新しい建物が側に設立されました。さまざまな文学展を主催するための新館「紀州庵文学森林」です。離屋も復元され、2014年5月に公開されました。

紀州庵文学森林
1階は茶室、書店、展示場、 2階は多機能ショールーム、3階はレクチャーホール。

この建物も落ち着きます。素敵。

紀州庵

台北市中正区同安街109巷4弄1号

SNS Share

FacebookTwitterLine

Recomended Contents