2021.05.21

心を合わせる、台湾を守る − 新型コロナウイルスの新しい段階の対応

FacebookTwitterLine

2019年末に新型コロナウイルスが発生したが。台湾の流行への対応は、2020年から今年の初めにかけてかなり良好でした。しかし、流行が適切にコントロールされていたことや、AZワクチンの副作用に関する国際的な報道もあり、3月22日に台湾で行われたAZワクチンの発売に対する世間の反応は、決して熱心なものではありませんでした。この頃、台湾の1日のケース数(コロナに罹った人の数)は1桁台で推移していました。

4月20日までに中華航空のパイロットの発生で陽性が確認され。4月23日、121日ぶりに現地で感染者が発生しました。5月11日、新たに6名の感染源不明の患者が発生したため、関係部門は「第2級」警戒を開始。その後数日の間に、異なる人による数十の現地での感染者が現れた。さらに第2級警戒が発令されてから5日後の5月15日までに180件の感染者が急増し、そのうち感染源が明らかになっていないものが48件ありました。台北市と新北市はすぐに防疫警戒を「第3級」に格上げ。その後、相次ぐ新たな感染者の発生により、5月19日にはついに台湾全土が「第3級」警戒に入り、5月28日まで暫定措置がとられています。

次に、台湾政府が発表した対抗措置についてです。

政府は、市民がインストールできる「台湾新型コロナウイルス接触確認アプリ」を開発しました。誰かが特定の空間と距離で確認された人と接触した場合、市民に向け積極的なスクリーニングのために通知されます。

現在、国民の動向を知るために、すべての場所で実名制を採用することが義務付けられています。台湾のIT大臣唐鳳は、5月18日に全国規模の「SMS実名制」を迅速に開発・発表しました。スマホでQRコードをスキャンしてテキストメッセージを送信するだけ。通信費用などは通信会社が費用を負担します。 従来の携帯電話をご利用の方は、QRコードの下に番号を入力して送信することもできます。 手動で情報を入力する時間を無駄にする必要はありません。また、現場で患者が確認された場合には、すぐにここに来ていた人たちに通知して、すぐに確認してもらうことができます。

政府は、輸入ワクチンに加えて、台湾の国産ワクチンも7月末には投与される見込みであると述べています。

国民の積極的な対応策は以下のとおりです。

  1. ほとんどのレストランやその他の事業所は、テイクアウトと配達のみを提供するように変更されており、レストラン内での飲食は禁止されています。 一部のレストランでは事業を停止することなども選択しています。
  2. 多くの企業が率先して在宅勤務をしています。
  3. 人々は公共の場所へのアクセスを大幅に減らしました。 写真は5月15日の週末の台北のストリートシーン。

  4. 「第3級」警戒のリリース以降、毎日診断される人の数は200人を超えていますが、幸いなことに、毎日診断される人の割合は徐々に減少しています。 台湾は、政府と国民の共同の努力により、危機をできるだけ早く解消することが期待されています。

SNS Share

FacebookTwitterLine

Recommended Content