2020.05.08

心を合わせる、台湾を守る − 新型コロナウイルス感染症の対応

FacebookTwitterLine

新型コロナウイルス(以下、新型コロナ)は昨年末から流行が広がり続けており、150か国以上に影響を及ぼしています。他の国での深刻な流行状況と比較して、台湾でこれまで約440件(5/8まで)のみ新型コロナの症例が確認されています。確認された症例数は、ほとんどの国に比べて大幅に少なく、世界の多くの国に感銘を与えました。今回、台湾が新型コロナに対して良い対抗策を実施できた原因と台湾人がしたことについて話しましょう。

最初に、遠因について話します:

  1. 2003年にSARSは世界中で発生しました。台湾では合計346例が確認され、73例が死亡、台湾でパニックを引き起こしました。しかし、将来の病気との闘いにおいて貴重な経験も残し、そして2004年に「中央流行疫情指揮中心(中央伝染病対策センター)」を設立。特に注目したいのは、当時の台湾健康局大臣で感染症専門家陳建仁氏が今の台湾の副総統に就任したことです。
  2. 長い間、中国の国際的な台湾の抑圧は両国間に緊張を引き起こしてきました。また、長期にわたる緊密な交流により、多くの台湾人は中国にある程度の不信感を抱き、中国からの情報に対する信頼度が低くなってしまっています。したがって、中国からの流行情報を判断し、対応する措置を取ることは比較的慎重です。
  3. 4年前、中国から台湾の独立傾向とされている民主進歩党が総統選挙で勝利しました。経済に影響を与えるために、中国は中国の人々が故意に観光と交流のために台湾を訪問することを制限しました。過去4年間、台湾の中国人の数は急激に減少しています。今回の新型コロナに関しても、現在台湾には中国人が少ないことが、災いを転じて福となす状態とも言えます。

新型コロナに対して台湾がしたこと:

  1. 危機意識と迅速な政府の対応
    SARSの経験のおかげで、台湾の高度な展開がこの流行の鍵となっています。 2019年12月、中国がWHOに原因不明の肺炎27例を通知したとき、台湾は武漢で調査する専門家グループを派遣。その後、専門家グループは台湾政府に「流行は楽観的ではなかった」と通知しました。

    台湾政府はすぐに国境での流行防止を開始し、武漢便の搭乗と検疫を実施。入国した乗客の発熱スクリーニングと健康教育を強化しました。 1月20日にコマンドセンターを設置し、流行状況を迅速かつ的確に把握するために衛生福利大臣陳時中氏を指揮官に任命。中国湖北省からの人は入国禁止、マスクの輸出中止、全国のマスク工場を一元管理。そして、販売方法、価格、数量を含むマスクの実名販売ポリシーをすばやく開発しました。
  2. 国民自発的協力
    マスクの不十分な生産と輸入の困難さが増していることを考慮して、台湾政府はメーカーに60台のマスク生産機械の注文に協力するよう緊急に要請しました。民間企業とギルドが自発的に「マスクナショナルチーム」を結成。旧正月の休暇も犠牲にして、もともと半年程度必要な60台のマスク生産機械の製造を1か月以内に完成しました。台湾でのマスクの供給を安定させます。現在、マスクの日産量は188万個から1,500万個に増加しており、新型コロナと戦う、他の国への寄付も始めました。


  3. テクノロジーを最大限に活用する
    SARSは2003年に台湾を襲ったため、すべての台湾の空港は赤外線温度検出器を設置し、発熱症状のある乗客を確実に隔離しています。 また、被災地から帰国する旅行者の自宅検疫に加え、政府は位置監視用のスマートフォンも提供しています。

    また、政府がビッグデータを公開し、最初は民間が「マスク状況報告」システムを開発しました。台湾のIT大臣唐鳳氏はすぐに開発者に連絡し「薬局版マスク在庫システム」と「実名システム」を48時間で開発。ユーザーがオンラインで予約して支払うことができるアプリも開発。現在、14日間で9枚のマスクを予約し、コンビニで受け取ることができます。AIも活用した情報クエリプラットフォームを確立し、国民が正しい情報を入手して、疫病予防に対する政府の国民の支持を高めるのを支援します。

    4月11日から、台北に3つのマスクの自販機テストが導入されました。購入するのに必要な時間は1分程度。テスト後、自販機はいたるところに設置される予定です。

    「台湾中央研究院」は19日間で新型コロナのウイルス抗体検出を完成させ、メーカーと交渉して迅速なスクリーニングテスト用のプロトタイプを作成しました。成功した場合は認定され、3〜4か月以内に量産されます。台湾大学はまた、肺炎患者のための「無症候性」のモバイル30秒検出器を開発したことを3月27日に発表しました、デバイスの数値からケースの肺の状態を検出でき、空港で人々が関連する症状を持っているかどうかを判断するために使用されます。
  4. 積極的に宣伝を強化
    台湾政府はメディアと協力して、テレビ、ラジオ、およびその他のメディアを通じて定期的に新型コロナの防疫関連の知識を放送し、防疫の概念を強化しています。最新の防疫状況、症例数、感染の方法、および誤った情報や噂への注意喚起は毎日発表され、情報の透明性と適切な医学的知識を通じて、人々の恐れを減らし、物資のパニック購入を避けます。
  5. 全体国民のサポート
    現在台湾の学校、スポーツセンター、他の公共の場所と多くのオフィスビルでは体温を測定しています。ほとんどのアパートでは、消毒用のアルコールを準備しています。安全距離の規範は屋外1メートルと屋内1.5メートル。座席間の1つの座席を空ける。政府の取り組みとは別に国民の健康を守る必要があります。

さまざまな理由から、台湾は常に国際舞台で孤立することが多いですが、今回の新型コロナの流行に対しての政府と国民の協調した努力により、世界にこの国を再認識させることができるでしょう。

SNS Share

FacebookTwitterLine

Recomended Contents