2020.08.07

元宵節ロケット花火祭 − 「塩水蜂炮」

FacebookTwitterLine

台湾では伝統的な宗教が普及しているため、お祭りは一年中続いています。いくつかのお祝いは世界中で有名です。例えば「大甲媽祖巡行」。また以前にオーストラリアのテレビ局ABCが、世界の危険な祭りを紹介しましたが、その中には、日本の「御柱祭」、「六郷の竹打ち祭」、「西大寺会陽」と並んで「台南塩水蜂炮(爆竹・ロケット花火祭)」がありました。

「塩水蜂炮」は「塩水武廟」が主催しています。日本人にはよく知られている「行天宮」と同じく、「塩水武廟」に祀られている主な神はあの三国志での活躍も有名で人気のある「関聖帝君(関羽)」です。 いわゆる「蜂炮」は多くのロケット花火で構成された大きな砲塔を指します。 点火すると、すべてのロケット花火が発砲し、大きな音がしました。 それは「蜂炮」と呼ばれ、台湾のユニークな伝統民俗活動です。

Video credit: 發柴SOFASHIBA

蜂炮は、台湾でもコレラが大流行した1885年に始まりました。そこで人々が関帝聖君に救いを求めたところ。元宵節の夜には、信者らは神輿を従え、爆竹を鳴らしながら夜が明けるまで街中を巡回して、厄除けを行いました。その後、後代の台湾の人々は毎年恒例の行事として、今日の有名な蜂の大砲イベントに発展した例に従います。

Photo credit: NastyJoshua on Visualhunt / CC BY-NC-ND

蜂炮の基本的な方法は、木の帯で大きなブラケットを作り、それから数千数万のロケット花火を木枠に埋めることです。そして、オーナーと職人によって外観を装飾し、オーナーの財務力と創造性を示しています。通常、家族は活動に参加、蜂炮を作るために動員します。

Photo credit: tzktk on Visual hunt / CC BY-NC-SA

Photo credit: stick77ttt on VisualHunt / CC BY-NC-ND

蜂炮活動に参加する人は、フルフェイスヘルメット(頭)、スカーフまたはタオル(首)、綿またはデニムのジャケットのズボン、手袋、フラットシューズまたはスポーツシューズなど、怪我を防ぐための完全な保護具を準備する必要があります。 溶けたり、発火する恐れのある衣服は避け、その他の衣服を着用してください。 全身を保護した後、花火が打ち上げられる場所へ入ります。

来年のお祭りは2021年2月25日と26日。もしまた台湾に来れるようになって、みなさんの準備が整ったら、このおすすめで刺激的なアクティビティに参加できるかもしれません。

Cover Photo credit: bravesheng on Visual hunt / CC BY-NC-ND

SNS Share

FacebookTwitterLine

Recomended Contents