2020.07.21

朝食シリーズ − 最も有名な代表台湾の朝食店、 洋風の朝ごはん屋さん

FacebookTwitterLine

台湾は美味しい食べ物が沢山。今回は台湾の朝ごはん。洋風の朝ごはん屋さん、最も代表的、よく見る台湾の店の1つです。ご飯(ご飯、おかゆ)の種類や小麦粉の種類(焼餅油條、肉まん)に関係なく、すべて中華風の朝食。自宅でパンやしょくパンを食べる人もいます。

しかし、洋風の朝食は人気を博し始め、有名な食文化のひとつになりました。最初の店「メイアールメイ」は、1981年は台北から始まりました。さまざまな種類のハンバーガー、トースト、飲み物を販売しました。いま、「メイアールメイ」はこの種の朝食屋さんの代名詞になりました。利便と美味しさを好む人が増えるとともに、フランチャイジーシステムになりました。「メイアールメイ」以外に現在少なくとも5つのフランチャイジーシステムと無数の個人店があります。メニューが似ていたり参入障壁が低く多くの競合他社が現れたため、すべてのフランチャイジーシステムは差別化のために食品タイプを増やし、洋風の朝ごはん屋には次第に大量のメニューがある状態になりました。また、「蛋餅(台湾式卵クレープ)」のような中華風の食べ物を販売を開始します。でも、似たメニューが多い問題は依然として存在し、朝食屋さんもたくさんのままです。世界で最もコンビニの密度が高い国が台湾であることは誰もが知っています。いくつかのホットエリアは、コンビニと同じくらいの店舗数が集まっています。これらのことから「メイアールメイ」がどれほど人気が​​あるのか​​を見ることができます。

今回紹介するこの店は、フランチャイズシステムの1つに属しています。この種の店、機器、外観はすべて似ています、フライエリアは店の前、隣は調理エリア。通常もう1人が、飲み物を準備し、テーブルを掃除し、顧客から請求する。忙しい店は、銭箱をカウンターに置いて、顧客が自分で支払うこともできます。

メニューには数十種類の食べ物:ハンバーガー、サンド、トースト、ベーグル、揚げ物(ホットドッグ、フライドポテト、大根もち)、麺類、チャーハン、飲み物などが揃っています。

通常、食事エリアがある、大きくはないが、かなりきれいです。
新聞、雑誌、書籍、テレビを提供しています。

僕はお気に入りの飲み物、コーヒーを買いました。

YouTubeでも外国人を含む多くの人々が「メイアールメイ」で食べる朝ごはんをどのように愛しているか、そして好きな食べ物は何かについて話していることを観ることができます。あなたも台湾の「メイアールメイ」で食べた後、きっと好きな食べ物を見つけるでしょう。友人にもおすすめしてください。

早安美芝城活力長安店

台北市中山区長安東路一段28-1号

SNS Share

FacebookTwitterLine

Recomended Contents