2020.06.23

台湾の伝統的な味 − 王記府城肉粽

FacebookTwitterLine

旧正月、端午節(ドラゴンボートフェスティバル)、中秋節の3つは、台湾で最も重要な伝統的な祝日です。それぞれの祝日には習慣があり、伝統的な食べ物を食べる必要があります。「粽子(チマキ)」は台湾人と外国人の両方にとって端午節の最も代表的なグルメです。実際は、祭りの食べ物を除いて、粽子はごはんや間食にもなります。台湾の名曲「燒肉粽(熱いチマキ)」とも呼ばれています。

台湾で団子は大体北部風、南部風、客家風、および中国風に分け。今回紹介する「王記府城肉粽」は、南部風の粽子で、豚肉、卵黄、しいたけ、落花生などを生米に入れ、竹の葉で包み、熱湯でゆでる方法。 べたつきがあり、具のほとんどがソースでまぜられていて一緒に食べられます。

肉粽(豚肉粽)以外はピーナッツだけの「菜粽(落花生粽)」とあんこだけの「豆沙粽(小豆あんの粽)」もある。

肉粽の中で、香ばしい豚肉、きのこ炒め、ふわわわの卵黄、ピーナッツと香りを加えるのためにの乾しエビと栗、それは伝統的な台南風味です。

香りがよく、もち米とピーナッツだけが入っている菜粽は、ベジタリアンに最適です。食べ方といえば、ピーナッツパウダーを使ったものでなければなりません。

台湾の大根のスープは、日本の味噌汁と同じようによく見られます。新鮮な大根と弾力があるの魚ボール、豚骨スープと一緒にゆっくり煮込んでいます、とても美味しいです。

今日は端午にとても近いです、多くのお客様が持ち帰り粽子を注文しています。一度に何百もの粽子を注文する人もいるため、店員は出荷に対応するのに忙しいです。碗粿や麺線などの製品は準備できないため、一時的に停止しています。 販売していて、店も散らかっていて、レストランに来て食べるのは本当に良い時期ではありません。

ごちそうさま、また次回。

王記府城肉粽三民店

台北市松山区三民路101巷2号之4

SNS Share

FacebookTwitterLine

Recommended Content