2020.06.08

食材が豊富な夏の聖物 − かき氷

FacebookTwitterLine

台湾は亜熱帯気候で年間を通じて暑い日は涼しい日よりも多く、平均気温は約5か月間25度を超えるため、冷たい食べ物や飲み物がどこでも見られます。もちろん世界的に有名なタピオカ店やマンゴーかき氷店なども。

かき氷は、日本の統治時代に製氷技術が日本から台湾に紹介されました。今では台湾の文化のひとつです。はじめは日本と同じようにシロップだけ入れます。 台湾では「清冰」と呼んだ。 その後、さまざまな風味と多様な食材が開発されました。次にいくつかの種類のトッピングを紹介します。

シロップ
基本は砂糖シロップ、次に黒糖シロップです。 台湾では数十年前から独特の香りがするバナナオイルがあります。

作物と穀物
砂糖で煮た豆は、小豆、花豆、緑豆などのかき氷の伝統的な基本的な成分です。ピーナッツ、ジュズダマ、オートミール、アーモンドスライス、はすの実、タロイモ、サツマイモなどもあります。ピーナッツもソフトとハードに分かれています。

果物
よく知られているマンゴーに加えて、新鮮な果物にはパイナップル、カランボラ、イチゴ、キウイ、バナナなどが含まれます。また、情人果(ドライ青マンゴー)、ドライパイナップル、ドライプラムなどのドライフルーツは、かき氷にフルーツ風味を加えます。

加工食品
湯圓(台湾の団子)、芋圓(タロイモの団子)、地瓜圓(サツマイモの団子)、西谷米(シーグーミー)、米苔目(ミータイムー)や近年人気のピンクボールなど、もちもちの食感がこの種類の食材の特徴です。

ゼリー
プリン、豆花、ゼリー、粉粿(お餅)、仙草ゼリー(センソウ)、愛玉ゼリー(アイギョクシ)、パンナコッタ、杏仁豆腐。

その他
各種ジャム、練乳、チョコレートソース、ごまペースト、ソフトアイスなど。

かき氷の細かさと方法により、普通、手作り、雪花氷に分けられ、牛乳を氷に冷凍するのにも使われます。そして、他の種類のかき氷の派生物。 たとえば、大きなボウルにさまざまな材料を入れ、スプーンで手で十分にかき混ぜます。「泡泡冰」といい、基隆廟口夜市の「泡泡冰」が最も有名です。

地元のかき氷もたくさんあり、たとえば、高雄の塩埕区に「阿婆氷(おばあちゃんの氷)」、20倍大きいフルーツかき氷、底部に温かい食材、上部にかき氷が置かれた屏東「焼冷氷(焼き冷たい氷)」。

チョコレートなどで有名な台中の宮原眼科でもかき氷を楽しめます。
暑い夏に台湾に来たら、食材や風味豊かなかき氷をぜひ味わってください。

SNS Share

FacebookTwitterLine

Recomended Contents