2020.05.19

台湾屋台グルメ(一)− 飯糰(台湾風おむすび)

FacebookTwitterLine

台湾料理といえば、屋台を忘れてはいけません。屋台についてシリーズトークを始めることにしました。

俗に言う「早起きは三文の徳」。朝は美味しい朝食もあります、最も象徴的な台湾の朝食-飯糰(台湾風おむすび)を紹介します。

日本は精米を使用するのではなく、台湾は通常、もち米を使用しておむすびを作り、歯ごたえのある味を与えます。健康上の理由から、近年黒いもち米も大人気。

多くの人が知っている台湾のかき氷には多くの種類のトッピングがありますが、実は台湾のおむすびにもたっぷり入っています。そして、全部のおいしい詰め物を埋めるために、台湾のおむすびは通常楕円形です。そしてもう一つの違いは、日本のおにぎりは通常冷めたものを食べることが多いですが、台湾人は熱いおむすびを好きです。

台湾のおむすびの詰め物定番、最初は酸菜(高菜に似たもの)、菜脯(干し大根)また辛い干し大根。

肉鬆(豚肉フレーク)。ベジタリアンは、豚肉フレークの代わりにベジタリアンフロスを選択できます。

他の店舗には他の詰め物もあります。目玉焼き、味玉、マグロフレーク、台湾ソーセージ、肉など。

最後のステップは、おむすびの魂の一つに入れます:サクサクしたカリカリの油條(揚げパン)、完璧にマッチ!

甘いおむすびもあります。しかし、それを試していないので、どんな味なのかわかりません。

このサイズを見てください!

豆乳一杯、巨大なおむすびを食べた後、たぶん昼食を食べる必要はありません。

次の屋台の食べ物は何ですか?お楽しみにしてください!

香溢飯糰

台北市中山区林森北路156号前

SNS Share

FacebookTwitterLine

Recomended Contents