2021.02.11

台湾でも人気。芋頭(タロイモ)スイーツ

FacebookTwitterLine

みなさんは「芋頭」というタロイモをご存知ですか?
サトイモ科の植物で見た目はサトイモによく似ていますが、タロイモは3〜4倍ほどの大きさで、簡単に説明するとサトイモの親玉といった感じでしょうか。

日本ではあまり馴染みがありませんが、台湾ではスーパーや市場ではとてもよく見かける食材です。

芋頭に含まれる主な栄養分は、

カリウム
血圧を下げる効果、利尿作用があり浮腫を予防してくれます。

食物繊維
水溶性の食物繊維が豊富で便秘に効果的、食べ過ぎを防いでくれます。

ガラクタン
芋頭に含まれる独自のぬめり成分のことで、消化の促進を助け、免疫力を高めて風邪予防にも効果的。

嬉しいことに芋頭は他の芋類と比べると低カロリーなのが魅力的です。

一般的にお粥やスープに入れて食べることが多いですが、冬は芋頭を使ったデザートの季節です。
里芋はあまりデザートにして食べることがないので、日本人にとってはびっくりするかもれませんが、台湾ではお菓子に芋頭を使うのは珍しくなく、特に芋頭酥、芋圓、芋泥冰が有名です。

芋頭酥
芋頭ペーストをパイで包んだ上品なお菓子。見た目もまんまるで可愛らしい。

裕珍馨
芋頭酥と言えば誰もが思い浮かべる台中発の有名店。
裕珍馨の芋頭酥は「紫玉酥」と呼ばれています、芋頭の中にはお餅が入っていて高級感のあるお菓子。

芋圓
芋頭とサツマイモの粉を混ぜ合わせて作る団子で、QQ食感(モチモチ食感)が特徴です。

阿柑姨芋圓
芋圓と言えば九份。
こちらは九份老街内の階段を登った先にあり、お店の窓から見下ろす九份の自然の景色も楽しめます。

芋泥冰
豪快に芋頭ペーストをかけたかき氷。

芋頭大王
冬には芋頭を使った甘いデザートスープも楽しめます。

最近では,芋頭ケーキ、芋頭ロールケーキ、芋頭トースト、芋頭プリン、芋頭牛乳等の芋頭を使った新感覚のスイーツがたくさん発売されています。

街中のパン屋やケーキショップ、ドリンクスタンドでも簡単に見つけることができます。
以前にご紹介した晴光商圈宏泰市場でも見つけることができるかも。
芋頭控(芋頭中毒)の方にとって、新しい冬の台湾の楽しみ方ができました。

SNS Share

FacebookTwitterLine

Recomended Contents