2020.09.28

豊かで多様な台湾の宗教

FacebookTwitterLine

何世紀にもわたってさまざまな民族の人々がこの美しい島、台湾にやって来ました。しばらく滞在したり、根付いたりする人もいます。その結果、台湾の多様で包括的な民族性が作成されました。たとえば、この特徴は宗教から見ることができます。2014年「ピュー研究所」の調査「Religious Diversity Index Scores by Country」によると、宗教的多様性指数において台湾は第2位、シンガポールに次ぐ地位をしめる。今回、台湾の多様な宗教文化について話しましょう。

台湾では田舎、深い山はもちろん、都会でも異なるサイズの多くの寺院を見ることができます。 大規模なスケールと広さを持つ壮大な寺院があり、隠された小道に小さな祭壇もある、これらは台湾の伝統的な民俗信仰です。伝統的な宗教の中で最も大きな割合を占める仏教と道教は、ある程度重複し、境界はあまり明確ではありません。台湾の人口の中で、仏教は約35 %、道教約33%、「一貫道(いっかんどう)」などの他の伝統的な宗教は約2.6%を占めます、汎仏教道教体系の人口の割合は70%近くです。他の東アジア諸国と同様に、仏教は多くの人は既存の地元の宗教に統合されており、台湾も例外ではありません。多くの人は自分の信仰が仏教なのか道教に属するのかさえ知りません。

日本で多く見られる「僧侶も肉を食べて結婚し、子供を持ち、多くの寺院の住職は父親から息子に受け継がれている」小乘佛教とは異なり、台湾の仏教は大乗仏教に属し、寺院でも、家でも、修行している僧侶はベジタリアン。お酒を飲むことができず、結婚もできません。大規模な仏教グループには「仏光山」、「法鼓山(ほっくさん)」、「慈済(じさい)」、「中台山」があります。

Photo credit: 黃昱峰 on Visual Hunt / CC BY-NC-SA

数百年前、道教は中国からの移民と台湾にやって来ました。多くの神々が特徴です。道教の神を除いて、観音菩薩などの仏教の神々も寺院で頻繁に見られます。「関公」や「媽祖」など、礼拝の対象として挙げられている歴史上の有名人もいます。また、お寺の見本市は頻繁で多様であり、神々の数が多いため、台湾全土でお寺の見本市が年間を通じて開催されています。最もよく知られているのは、毎年春の「大甲鎮瀾宮媽祖巡礼活動」です。活動は9日と8泊続き、歩行距離は約340キロで、200万人近くが参加します。有名な道教寺院には日本人に知られている「行天宮」、「大龍峒保安宮」と「霞海城隍廟」。特別には、「龍山寺」は仏教の名前で登録されていますが、仏教の神々に加えて、多くの道教の神も崇拝されているため、細かくは道教に分類される傾向があります。また、道教信仰としては、一貫道、観音法門、弥勒大道などがあります。

Photo credit: QueenNomad on Visual Hunt / CC BY-NC-ND

キリストに関連する宗教は、台湾に入ってきた最初の世界的な宗教でした、17世紀には、スペインとオランダの宣教師が台湾で説教しました。ここでいうキリスト教には、カトリック、プロテスタントなどです。また、正教会、末日聖徒イエス・キリスト教会、シオン山、韓国の統一教会など、他の宗派の小さな宗派も含まれています。

Photo credit: QueenNomad on Visual Hunt / CC BY-NC-ND

台湾のカトリック教徒は人口の1%にすぎませんが、大学、病院、診療所、特別養護老人ホームなどの社会サービスは非常に有名です。さらに、外国人の集まりのために、関連するサービスを提供し始めている教会もあります。台北市立美術館の近くにある聖ダブのカトリック教会として、フィリピンのミササービスを提供し、英語のミサを提供する天母礼拝堂に集まる外国人です。有名なカトリック教会には、台北の聖家堂、屏東の万金聖母聖殿などがあります。

Photo credit: QueenNomad on Visual Hunt / CC BY-NC-ND

プロテスタントは台湾の人口の約2.9%を占めています。信仰人口は伝統的な宗教ほどではありませんが、信者は台湾のあらゆる分野で高い知名度と影響力を持っています。たとえば、前総統蒋介石の家族と前総統李登輝、そしてHTCの創設者など多くのビジネスマンなどです。さらに、「台湾基督長老教会」などの地元のキリスト教組織は、台湾の民主化プロセスと社会運動において非常に重要な役割を果たしています。

濟南基督長老教會遠景

世界の宗教人口の約23.2%はイスラム教を信仰しており、世界で2番目に大きな宗教です。当然、台湾にも存在しており、現在イスラム信仰は人口の約0.2%です。そのルーツは、内戦を避けるために台湾に来た人々でしたが近年では主にインドネシアから台湾に移住した多くの新しい居住者が加わっています。台湾にはイスラム教徒はほとんどいませんが、政治には影響力があります。

上記の主要な宗教に加えて、アボリジニの信仰、ヒンドゥー教、ユダヤ教、バハイ信仰、その他の宗教など、人口の信仰の約4%がまだ残っています。

次に、日本の宗教が台湾に及ぼす影響について話しましょう。 最初は神道。日本の時代、台湾には多くの神社がありました。非公式のものを含み、合計200以上の神社があります。国民党政府は太平洋戦争の後、台湾に来ました。リソース不足のため、ほとんどの神社は、他の用途に改造または改造されました。1972年、台湾と日本の外交関係は崩壊。両国の関係は緊張状態となり、国民党政府は神社や記念碑を含む日本の遺跡の撤去を加速させました。ほとんどの神社はこの時期に被害を受け、神社の元の場所は他の目的のために改造されました。 よりよく知られているのは、現在の圓山大飯店、忠烈祠、台北植物園です。2018年、屏東県牡丹郷にある高士部族の高士神社が再建されました、現在は台湾で崇拝された唯一の神社です。

Photo credit: yoxem on Visual Hunt / CC BY-NC-SA

しかし、崇拝の神々は先住民であり日本の神ではありません。また、現在でも台湾ではいくつかの日本の宗教が見られます。天理教、創価学会、真如苑、台湾霊友会、日蓮正宗など。その中に天理教には約20,000人の信者がいます。

台湾の文化的多様性と寛容のように、さまざまな宗教や無神論者はお互いを尊重し、お互いの違いを理解しています。また、多元化信仰も台湾の貴重な文化的価値です。

Cover Photo Credit: 曾成訓 on VisualHunt / CC BY

SNS Share

FacebookTwitterLine

Recomended Contents