2020.07.30

台湾は小籠包だけでなく− 臥籠崗包子(肉まん)

FacebookTwitterLine

「小籠包」は世界的に有名な食べ物で、ほとんどの観光客が台湾を訪れる際にご飯やおやつに食べますが、実は大きな「包子(肉まん)」も台湾人のお気に入りの食べ物です。今回は台湾の地下鉄MRTの唭哩岸駅(きりがんえき)近くの店「臥籠崗包子」を紹介します。

他の肉まんのふわふわ皮とは違い、天然酵素で発酵させているので、肉まん皮の食感はぎっしりともちもち。

塩味まん以外は甘いまんなど、商品の種類はバラエティに富んでいます。冷凍パッケージも提供します。

天然酵素まん、現場で手作り&蒸し。しかし、今日は閉店間近で少し遅れて到着したので、肉まんを作っている人はおらず、販売者は一人しか残っていませんでした。

さまざまな味を大まかに紹介します。

塩味には、キムチ、リブ、肉、剥皮唐辛子、キャベツ、ニラ、ザワークラウト、タケノコが含まれます。サツマイモとゴマの2つの甘いフレーバーです。リブは25元、その他のフレーバーは19元です。饅頭(まんとう)は、小麦と全粒小麦12元、黒糖味15元。飲み物も非GMO豆乳25元、紅茶15元、ミックス20元。

商品ランキング

人気のまんじゅうの味は「リブ」と「剥皮唐辛子」、もちろん選んでみましたよ。

リブは特別な形で、中身は豚肉の丸ごと、玉ねぎ炒めのため少し甘め。

剥皮唐辛子はお気に入りです。辛いので気をつけてください。緑色の部分が唐辛子です。少し説明、「剥皮唐辛子」は台湾東部の名物。皮をむいた揚げ唐辛子を醤油、砂糖、水で作ったソースでマリネしました。直接食べられるか、料理にもできます。

美しい金色の詰めで満たされたサツマイモまんじゅうも美味しいです。

営業時間は月曜日から土曜日の午前7時から午後6時まで、日曜日が定休日です。

臥籠崗天然酵素包子

台北市北投区西安街二段271号

SNS Share

FacebookTwitterLine

Recomended Contents