2020.06.01

安くて便利な台湾家庭料理 − 自助餐

FacebookTwitterLine

台湾では、「自助餐(ヅゥ ヂゥー ツァン)」と呼ばれる面白い食事方法があります。ステンレス鋼の四角いプレートに何十もの皿を置き、加熱されたカウンタートップに置いて、食品の温度を維持します。料理の内容は、一般家庭で食べられる家庭料理です。肉、魚、卵、豆腐、野菜、揚げ物、蒸し物など、さまざまな料理があります。

購入方法は日本の「某まいど〇〇食堂」に似ています。たいていは食べたいものを選びますが。しかし、店員に自分が食べたい料理を告げて、お皿に盛って貰う場合もあります。ご飯は通常、チェックアウト前に店員に注文し、ボウルで販売されます。しかし、食べ放題のご飯を提供するレストランもあります。自助餐の勘定の方法には2種類の方法があります。1つは店員に料理を盛った皿と数量の見せて、金額を計算して料金が決まります。もう1つは、重量を測る秤の上に料理を盛った皿を乗せて、料金が決まります。どのような決める方法でも、台湾の自助餐は非常に便利で経済的な選択肢です。

今日はビーガンの自助餐「豪緣素食館」を選びました。台湾の菜食主義人口の比率は約12%、他の国に比べて台湾ではかなり一般的です、次回は台湾のベジタリアン料理を紹介する機会があります。

方法は非常に簡単で、皿を取り、食べたい食べ物を取ります

この店は麻辣臭豆腐もある。

米、胚芽米、お粥、自分のご飯を取る。

カウンターで料金が決まります。料理は重量で価格設定されています。ご飯と臭豆腐は別売りです。

たくさんの料理、合計で90元のみ!

無料の油揚げとわかめスープ

食後、食器をリサイクル場所へ

直接メニューを選ばない消費方法は、台湾料理に不慣れな外国人には少々面倒かもしれませんが、楽しめるかもしれません。台湾で安くて美味しい家庭料理を食べたいなら、自助餐をお勧めします。

ごちそうさま、また次回。

豪緣素食館

台北市中山区北安路458巷41弄23号

SNS Share

FacebookTwitterLine

Recomended Contents