2020.05.05

いい匂い、さっぱり食感 − 学姉涼麺

FacebookTwitterLine

涼麺(りゃんめん)は台湾の誰もが食べたに違いない食べ物、コンビニのインスタントフードエリアでも見つけることができますが、外国人にはあまり知られていないようです。

涼麺の麺は通常油麺(油そば)を使用しますが、一部の店舗では他の麺と嘉義ならではの幅広の平麺を使用しています。

蕎麦つゆを使用した冷蕎麥やぶっかけとは異なり、台湾の涼麺は通常芝麻醤、ピーナッツバター、醤油、酢などを使って濃厚なソースを作る。いくつかの店では、独特の風味のためにいくつかの漢方ソースとシロップ、ガーリックジュースを追加しています。辛い食べ物が好きな人は、チリソース、ラー油などを追加。一部の店では、お客さんが自分で追加できるわさびを提供しています。

涼麺の最も基本的なトッピングはきゅうりとにんじんの細切り。ハム、肉鬆(豚肉フレーク)、麻辣、キムチ、さまざまな風味の涼麺もあります。

本日ご紹介する店舗は、台北松山空港の北にある小さな町、大直(ダジ)にあります。近くの住民や大学生に人気です。食事の時間に小さなレストランの入り口はいつもにゲストを待っています。

ベジタリアン、麻辣、肉鬆、ハム、マグロ、オリジナル

定番はさまざまな風味の涼麺以外も自家製肉羹湯(豚肉すり団子とろみスープ)。または滷肉飯、乾麺、スープなども提供しています。

店は人でいっぱいで、持ち帰りを選ばなければなりませんでした。

本日オリジナルの涼麺を注文
濃厚で香ばしい芝麻醤

自家製肉羹湯、とろみ汁ちょっと甘い。

台湾の人が麺を食べるとき、おかずも注文することに慣れており、いくつかの煮たまご、干し豆腐 、あぶらあげ、ゆで野菜も注文しています。

シンプルで美味しい食事。

学姉涼面

台北市中山区大直街37-1号

SNS Share

FacebookTwitterLine

Recomended Contents