2020.04.29

新型コロナ流行の台北

FacebookTwitterLine

新型コロナウイルス流行の拡大を止めようと、世界中の国々が制御ポリシーを提供しています。台湾も当然例外ではありません。いつも観光客でにぎわう場所は空っぽの街になり、地元住民もほんの数人しか残っていません。今回、台北101と台北駅の現状を紹介します。
※写真、取材は4月上旬のものです。

タクシーもそれほど多くありません。

以前はたくさんの人が写真を撮っていた「LOVE」や101のゲート。

座席を取得するのが難しかった「鼎泰豐」は、今はまったく待つ必要がありません。

フードストリートも少数の人々がいるだけです。

台北101展望台のチケット売り場。スタッフだけで観光客はいません。

次は台北駅です。いつもは人でいっぱいの切符売り場の前の床。今では数人だけが通り過ぎようと急いでいます。

コロナの流行防止のため、2階のカフェもいくつかの席も閉じられました。人々が近づきすぎないようにするためです

流行がいつ終わるかはわかりませんが、それは人々の生活や経済活動に深刻な影響を及ぼします。誰もがもっと注意深く、また自分自身の健康に注意を払う必要があります。

SNS Share

FacebookTwitterLine