2020.04.27

芸術の洗礼に浸る − 台北市立美術館

FacebookTwitterLine

見たいアート展はいつも一週間ほどで終わり。昼食時に「台北市立美術館」に行き、紹介することにしました。美術館は台北円山にあり、多くのバス路線が通っています。。MRT円山駅は最寄りの駅、徒歩約10分。ザ・グランドホテル (円山大飯店)もそう遠くなく、位置は本当に便利です。

美術館の外観は、多くの白い立方体の積み重ねのように見えます。巨大なフランス窓の周りは、展示室に明るさを提供します。美術館の周りの広場には、多くのインスタレーションアートと大規模な彫刻があります。花博公園にもつながり広大な屋外アクティブスペースになります。

「台北物語館」と呼ばれる隣にあるエレガントなチューダー様式の家。日本時代に茶商によって、紳士、高官、茶商を楽しませる出会いの場として建てられました。また、家族での休暇や集まりにも使用します。しかし、いまは改装中、終えて再開した後、また別の記事でその話を話しましょう。

チケットはとって安く、美術館を訪れるやすくしています。大人30元、子供は半額。同じ日に再入場可能です。私も高校時代、無料のエアコンを楽しむために土曜日の午後に滞在するので好きでした。もちろん芸術作品も楽しんでいましたよ。

2階に移動、最初はブラシとインクの回顧展です。最初はあまり興味がありませんが、アーティストの創造的な変化の50年を見ます。学習期間、模倣期間、徐々に自身のスタイルを持ち、そして最終的に自由な創造スタイルを持ちます。また、非常に印象的です。

3階で最初に目につくのは広場です、休憩所のように見えます。さまざまなサイズと高さのプラットフォームは畳で覆われて、壁とクッションは、さまざまなグリッドのパターンで覆われています。訪問者の参加を促すのは芸術的な表現だと思います。

3階の反対側は今日の主な目的。現実主義的で超現実的なスタイルのタイアーティスト「Apichatpong Weerasethakul」、現代映画と芸術の第一人者。この展覧は、実験的な短編映画とビデオインスタレーションのコレクションを、芸術家の写真、スケッチ、および社会政治的論評の糸を探索し、自身の視点への洞察を提供するアーカイブ資料とともに提示します。

美術館の一部は装飾工事中。そのため、滞在時間は約1時間。次の素晴らしい心に触れる芸術展を待っています。

台北市立美術館

台北市中山区中山北路三段181号

SNS Share

FacebookTwitterLine

Recomended Contents