2020.04.03

少しお腹がすいた時の仲良し − インスタントラーメン

FacebookTwitterLine

誰もが知っているように、日本はインスタントラーメンを発明した国であり、数千の種類がある国でもあります。 箸を主要の食器としても使用する隣人として、台湾のインスタントラーメンもたくさんです。 今日台湾のインスタントラーメンについて話しましょう。

まず、台湾と日本のインスタントラーメンの違いについて話しましょう。

  1. 台湾のカバーは参考用です
    日本は、実際の内容物とほぼ同じ。台湾には通常フレーバーに関係なくさまざまな内容が表示されます。 たとえば、大きな肉を見ることができます、しかし実際は乾燥した肉。新鮮な野菜、実際には乾燥した長ネギだけ。
  2. 調味料は少なくとも2袋
    台湾のインスタントラーメンには通常、少なくとも2袋があり、1つは調味料、もう1つは風味油です。 また、風味油のため、台湾のインスタントラーメンは通常、日本よりも脂っこいです。さらに、特別な部分では、いくつかの高価なインスタントヌードルにはレトルトがあり、内容は牛肉、豚肉など。一部のフレーバーには、特別な食材の袋も含まれます。例えば牛肉麺用酸菜(タカナ)パック。
  3. 乾麺には2つのどんぶりがあります
    スープヌードルを除き、台湾には乾麺(焼きそばに似ている)もありますが、初めて食べると面白いものが見つかるでしょう。
    麺の入ったどんぶりと、もう一つどんぶりが入っています。工場が間違って1つ多くのどんぶりを入れたのではありません。
    実際にはスープ用どんぶりです。日本の焼きそばはお湯を捨てますが、台湾は追加のどんぶりにお湯を注ぎ、「スープの素」を追加します。乾麺とスープを一緒に楽しみます。 面白いですか?

台湾の代表的なインスタントラーメンをいくつか紹介しましょう:

台湾の誰もが食べている基本的な味。特徴は小さいどんぶり、調味料と油の袋だけで、乾燥肉と乾燥野菜のみを食べることができます。約20元の安い価格。各ブランドは独自のフレーバーをほぼ持っています。

「排骨雞麺(チキンラーメン)」と「冬菜鴨肉湯粉絲(乾燥キャベツアヒル春雨)」
「チキン」と「アヒル」と書かれているが、それらは単なるフレーバーです。「骨」と書かれているが、骨を食べるわけではないので心配しないでください。

「肉燥米粉(滷肉ビーフン)」と「肉羹麺(豚肉すり団子とろみスープ)」
肉羹麺はとても面白い。麺を浸した後、まぜながら調味粉を追加します。濃厚な麺スープになります、最後に酢の袋を追加。

「麻辣牛肉麺」と「爌肉(豚の角煮)麺」

どちらも高価なインスタントラーメン、約60元以上。これらの種類の麺には、レトルトの肉入りがあります。各ブランドには同様の製品があり、味はほとんどが牛肉または豚肉です。もちろん、辛くない牛肉麺もあるが、多くはないようです。

「花雕雞麺」と「花雕酸菜牛肉麺」と「麻油雞麺」
有名な「台湾ビール」メーカー「台湾菸酒公司」、数年前に、レトルト付きのインスタントラーメンを3つ発売しました、お酒の香りも楽しめます。台湾でとでも人気です。「花雕雞麺」と「花雕酸菜牛肉麺」は紹興酒、「麻油雞麺」は酒を加えています。

乾麺シリーズを紹介します。

台湾で最も有名な乾麺といえば、間違いなく「維力炸醬麺(ジャージー麺)」です。特別な香りと味はとても魅力的で、青は普通の味、緑はベジタリアン用。もう一つの有名な乾麺「地獄辣椒麺」。「地獄」と「辣椒(唐辛子)」の通り、非常に辛い麺です。

もちろん、ベジタリアン用インスタントラーメンもあります。緑の「維力炸醬麺」除いて、下の2つもベジタリアン用です。

「野菜野菜麺」と「肉骨茶(バクテー)風味麺」

レストランや夜市でグルメを食べる以外に、特別な風味のインスタントラーメンを試すこともできます。または友人へのお土産としてもおすすめです。

SNS Share

FacebookTwitterLine

Recomended Contents