2020.03.30

アメージング台湾の交通文化 − バイク

FacebookTwitterLine

台湾に来るすべての外国人観光客は、通りを走っている膨大な数のバイク部隊にショックを受けたに違いありません。バイクを台湾文化の一部と見なしても過言ではありません。今回台湾のバイクに関するいくつかの逸話について話しましょう。

1960年代には、台湾政府は自動車と関連部品に高い関税を課していました。国内メーカーの貧弱な技術と高いコストと相まって、当時の自動車価格は非常に高かった。当時、日本の経済的繁栄と人件費の増加により、一部の企業、海外での拡大と安価な労働機会を模索し始めました、台湾を含むバイク産業も含めて。当時、「HONDA」は台湾の「KYMCO」および「SYM」と協力することを選択し、「YAMAHA」と会社が合弁会社「台湾ヤマハ」を設立しました。有名なタイヤメーカーである「BRIDGESTONE」は、初期にバイクを製造し、企業との合弁会社も設立しました、後に「台湾スズキ」になります。日本の技術と国内販売の関税なしのため、リーズナブルな価格と高品質のバイクは台湾でますます人気を博しています。

初期の頃、台湾政府は大量輸送システムなどのインフラストラクチャにあまり注意を払っていなかったため、基本的な輸送ニーズを持つ人々は、この経済的で便利な輸送手段にますます依存しています。 60年後の今日でも、大都市以外は依然非常に依存しています。便利なバイクも多くの人々にとって主要な輸送方式です。最新の統計によると、台湾の総人口は約2350万人ですが、バイクの数はほぼ1400万くらい、100人あたり約93.7台のバイクがあり、これは非常に驚くべき数です。これはまた、台湾のオートバイの重要性を示しています。

現在はほとんどの車両はエンジンを搭載しています、排気ガスも大気汚染の主な原因の1つです。さらに、台湾の政府車両の検査は十分に厳密ではなく、古い車両除去メカニズムは完全ではありません。その結果、道路にはメンテナンスのために放置されている超老朽化した車両がまだたくさんあります。台湾政府は、大気汚染の問題を効果的に改善するために、自動車とバイクの排出基準を毎年引き上げています。

近年、国内外の電気自動車の人気が高まっており、台湾のバイクメーカーは当然これを無視しません。伝統的メーカーが電気バイクを作り始めただけでなく、この分野に関係のない会社「GOGORO」もまったく新しいコンセプトの電気バイクを作っています。また、従来の充電方法よりも便利で迅速な新しいバッテリー交換システムを開発しました。また、台湾のオートバイ分野で眩しい風を引き起こしています。現在、台湾の電気バイクの市場シェアは約18%です。この割合が今後も増え続ければ、大気汚染を効果的に減らすことができると考えられています。

ご存知のように、台湾の共有自転車である「YouBike」は世界中で有名です。世界のさまざまな国での共有車の概念も成長しています。もちろん、台湾のバイクメーカーはこの傾向を無視しません。そのため、現在共有電気バイクの分野に参入しているメーカーが3社あります。「 YouBike」にはレンタル用の固定ステーションがあり、自転車を返却します。台湾の共有電気自動車は、主要都市の街路と大通りの合法的な公共駐車スペースに点在しています、ユーザーは、アプリを通じて車両を見つけて使用します。「GOGORO」の「GO-SHARE」は優れたサービスの1つ。その操作モデルは海外にも輸出されています。現在、沖縄でも「GO-SHARE」を見つけることができます。

しかし、バイクが実際に安全な輸送手段ではないことは否定できません。道路および交通ルールの長期的な貧弱な計画と相まって、運転免許証の取得が簡単になり、一部の運転者の安全運転に対する認識が弱くなり、道路脇の重大な違法駐車問題など。さまざまな理由が、台湾の車両事故率と死傷率は高かった。これは、経済的と利便性に加えて、政府と国民が直面しなければならない問題の一つです。政府と運転者が協力して、輸送のためのより安全で便利な運転環境を作成することを願っています。

SNS Share

FacebookTwitterLine