2020.03.26

台北のもう一つの便利な公共交通の選択 − 台北市市区公車

FacebookTwitterLine

初めて台北を旅行するツーリストの短い移動オプションは、MRT、タクシー、Uberであることを知っています。今回、台北市内バスについてお話ししましょう。MRTより、バス路線範囲は広く。MRTや電車が届かない多くの場所に広がっています。

Googleマップのおかげで、台北でバスに乗るは簡単。出発地と目的地を選択します、目的の場所の交通手段が表示されます。もちろん、MRTと列車が含まれます。ただし、バスのみを選択することもできます。マップには、駅までの歩き方、どのに乗ればよいか、到着時間、目的地の駅名が表示されます。

バス停の立て札(電子式と伝統的な看板の2種類)

台北でバスを利用するためのいくつかのルール:

  1. 片道運賃は、15元(1セクション)と30元(2セクション)。混乱したくない場合は、チャージができる悠遊卡(ヨーヨーカー)で支払うことを強くお勧め、費用を自動的に計算します。このカードはMRTの駅やコンビニでも購入できます。そのカードの残高が十分であることを確認してください。
  2. 行きたいバスが来たら、ドライバーに知らせるために手を挙げてください。ただ立っていてもバスは停車せずに通過します。日本との大きな違いです。
  3. バスのサイズに応じて1〜3ドアがあります。どのドアからでも乗れます。降りる方優先は日本と同じです。
  4. 乗車すると、ドアに近いにカードリーダーがあります。タップして支払うと、カードの残高が表示されます。また、乗るときと降りるときの両方で、カードをタップする必要があることを覚えておいてください。
  5. 通常2色の座席があります。赤いは優先席を意味しますが、誰でも座ることができます。
  6. MRTとの大きな違い。バスで飲食する場合は罰金なし。ただし、臭いの強い食べ物やこぼれやすい食べ物は推奨しません。
  7. ドライバーの上に電気掲示板には、次のバス停の名前(中国語と英語)が表示されます。また、音声放送では、英語を含む4つの言語で通知されます。ただし、システムに障害が発生した場合、または駅に乗り遅れる心配がある場合。Googleマップは、現在地を確認するのに役立ちます。
  8. 降りる前にボタンを押します。日本では乗客は通常、バスが完全に停止した後に立ち上がります。しかし、台北では遅くなります。見られるように、乗客がドアに移動し、次の駅に到着するまで待機します。

リラックスしたバス旅行を楽しもうとするのも簡単です。そして旅をより遠い場所の興味深い場所に広げてくれます。勇気を出し、試してみてください。わたしのおすすめバス。楽しい旅をお祈りします。

SNS Share

FacebookTwitterLine

Recomended Contents