2020.03.26

台湾の朝食シリーズ − 老哥水煎包

FacebookTwitterLine

台湾の点心と言えば、ほとんどの人は小籠包を思い浮かべます。しかし、台湾人もよく食べる点心に「水煎包(スウェジェンバオ)」があります。肉まんのように見えます、片面が鉄板でフライされます、時に路上で見つけることができます。実際に、朝食だけではない、主食と間食にも適しており、いつでも食べられます。

今日の目的地は「老哥水煎包」、 台北のMRT中山駅から約10分間歩きます。属する橫丁には、多くのレストランもあり、さまざまな種類の料理を提供しています。「老哥水煎包」はチェーンレストラン、こちらが支店の一つです、他の場所でも見つけることができます。

とろみ醤と唐辛子ソース、好きなように使用できます。

4種類の点心、3種類の飲み物、1種類のスープを提供しています。水煎包だけでなく、焼き餃子もあります。

水煎包を注、各フレーバー1つ、そして豆乳1杯。

ニラ水煎包:ニラ、みじん切り春雨、炒り卵;ニラの甘みを味わうことができます。

キャベツ水煎包:キャベツ、みじん切り春雨、おそらくニンニク。たぶん調味料は白胡椒が入っています、味はちょっと辛い。キャベツの食感もカリカリ。

豚肉水煎包:主成分もちろん豚肉、しかし、ちょっどしょうがの味、とてもジューシー。

豆乳:甘すぎない、健康な飲み物。

全部は100元以下、それはいつでも安くておいしいおすすめの選択。

老哥水煎包

台北市中山区長安東路一段53巷17号

SNS Share

FacebookTwitterLine

Recomended Contents