2020.03.26

昼食何を食べますか? − 梁記嘉義鶏肉飯

FacebookTwitterLine

数日寒い日の後、今日の天気はずっと暖かい。昼食は少し遠く歩くことを決めます。
にぎやかなエリアより、別の側面、高架道路を横切るまったく別の世界、目的地はこの路地です。

到着しました!梁記嘉義鶏肉飯、創業からすでに40年以上、地元で人気のB級グルメ、外国人にも知られています。

やっぱり昼食時間、たくさんの人がいることは驚きではありません。

従業員は仕事で忙しい、誰もがマスクを着ています。
テーブルと設備もとても清潔に見えます。

「店でを食べるのか、取り出す?」店員さんからの質問。答えた後、空席を見つけるのを助けます、日本のメニューを頼みます。ところで、注文後に最初に支払う必要があります。

その後、全部の注文は3分以内に届きます、本当に速いサービングです。

雞肉+魯肉飯:昼食の主役、おいしいルーローととり肉の細切りは、両方ともご飯の味がとても良く、とても美味しく見えました。

目玉焼き:最高の脇役、食べ方は卵黄とご飯を混ぜることです、おいしさを倍増。

甜不辣:中国語名の発音は天ぷらと同じです。しかし、台湾では、みじん切りにした魚が揚げ物を作ったことを意味します。通常ストリップまたはフレーク状。もちもち食感、少し甘い塩味。

醤油焼きなすとミートボールのスープ。

まだ多くの人が待っています、それで短時間で完食しました。

営業時間:月曜日〜金曜日、10:00~14:30、16:30~20:00

前回に食べたのは何年も前だけど、もう一度食べても味と品質は変わりません。
ごちそうさま、また次回。
梁記嘉義鶏肉飯

台北市中山区松江路90巷19号

SNS Share

FacebookTwitterLine

Recomended Contents